福島の子供達へ、、続ナククオからの祈り-2

2011/9/20更新

双葉の子供達へと、Grzegoz Nowak神父(中央)へ義援金を託すブレハッチ

ラファウ・ブレハッチが洗礼を受け、『私の原点』と自ら称するナクウォの教区教会St. Lawrence's Churchから、2回目の義援金が福島の双葉中学の子供達に送られた。Kosciol w Naklo do ktorego nalezy Rafal Blechacz po raz drugi przekaze dotacje na rzecz dzieci w Futabie w Fukushimie.

教会St. Lawrence's Church

復興の祈りをこめて演奏するブレハッチ

(礼状より)『みな様の温かいお心遣いに深く感謝しております。子供達は9月から2学期が始まり、学校生活を送っています。9月24日開催予定の運動会の昼食が、現在の避難所では準備できないので、いただいた義献金でお弁当の用意する予定です。』と礼状で述べられていました。

Z listu podziekowalnego dowiadujemy sie, iz dzeci sa niezmiernie szczesliwe oraz wzruszone poniewaz po raz kolejny zostala przekazana dotacja na ich rzecz. W niedlugim czasie ma sie odbyc w szkole festiwal jednak nadal dzieci n ie maja obiadu, wiec te pieniadze zostana przekazane na obiad podczas festiwalu.

全国に離れ離れに疎開していた福島の双葉町の子供達、北は青森県、南は鹿児島県から総勢560名(小学生195名、中学生170名、他保護者及び教職員)が、8月18日〜21日に『再会の集い』が行われ、5ヶ月ぶりの感動的な再会を果たしました。『喜びに溢れた素晴らしいひとときを過しました。お別れが辛かったです。』と語る堀本氏。その時の写真も送られました。

8/18ー21『再会の集い』記念写真

Dzieci z Futaby zostaly umieszczone u rodzin w calej Japonii. W sierpniu podczas wakacji letnich mialy okazje sie spotkac wraz z nauczycielami. Byla to dobra okazja do wsplnego spotkania.

全国にチリジリに別れた双葉の小・中学校の子供達が再会した。

再会を喜ぶ子供達

Wspolne spotkanie wzbudzilo wiele emocji, dzieci byly szczesliwe.

先生達、保護者の大人も再会に大喜び

Nie tylko dzieci ale rowniez dorosli byli zadowoleni ze wspolnego spotkania.

この福島の双葉の子供達への義援金の発起人はラファウ・ブレハッチです。

Dotacje na rzecz dzieci z Futaby (Fukushima) zaczal Rafal Blechacz.

NO MORE HIROSIMA, NO MORE FUKUSHIMA....私達になにができるのか?

廃校でいまだに集団疎開生活を送る、福島、双葉の人々。

Wiele rodzin nadal mieszka w budynku szkoly sredniej. Sytuacja nadal nie jest dobra .

子供達の寄せられた作文から

中学3年女子 Czternastoletnia dziewczynka

 私は今埼玉県加須市騎西中学校に通っています。

本当だったら、双葉中学校に通い、卒業して近くの高校に通うはずでした。ですが、東日本大震災の影響で福島第1原子力発電所が事故を起こし、あたり前だった生活が奪われてしまいました。このことをきっかけに、私はあたり前の生活がどんなに幸せなのかと言うことを実感しました。騎西中学校にも慣れはじめました。でも、やっぱり双葉町に住み、双葉中学校の友達とすごしたかったです。だから今は帰れなくても何年でも何十年後でもいいから、双葉町にかえりたいです。もし住めるようになったら原子力発電のような危ないエネルギーを使わずに自然エネルギーを使っていける町にしたいです。日本や世界でも私達のような生活をしてほしくないし、こんな事故はもう2度と起きてほしく無いと思っています。

Bylam uczennica gimnazjum w Futabie, nestety dalsza nauka nie jest tam mozliwa. Teraz jestem uczennica gimnazjum w Saitamie. Mialam plany ukonczenia gimnazjum w Futabie a nastepnie kontunuacje nauki w szkole sredniej rowniez tam, ale trzesienie ziemi zmienilo bieg rzeczy. Chcialabym wrocic do Futaby w przyszlosci oraz pracowac na rzecz zamkniecia elektrowni atomowej w Futabie jak rowniez na calym swiecie. Mam nadzieje, ze juz wiecej taka tragedia sie nie powtorzy.

 『再会の思い出に、1、2年生は「赤べこ」、3年生は「起き上がり小法師」の絵付けをした。どちらも郷土玩具。重労働で多くの牛が倒れる中、最後まで働いたのが赤色の牛だったと言われた。何度倒しても起き上がる精神の縁起物である起き上がり小法師。震災からの復興と言う意味で選んだわけではないと言われましたが、その願いが叶うことを祈ります。』

中学2年男子 Trzynastoletni chlopiec

 私は、将来こんな双葉町に住みたいです。それは、大地震が起こる前の平和な町に住みたいです。津波や福島第一原子力発電所の事故で双葉町に住めなくなりました。その理由で友達が全国各地に散りじりばらばらになってしまいました。多くの方が津波にのまれて尊い命が亡くなりました。テレビのニュースを見ていて、津波後の海の近くの家や、大地震で庭が地割れした家や、福島第一原子力発電所で建屋が爆発して光景を見ていると胸が痛くなります。

私は、13年間暮らしていた双葉町を離れるのは、とても悲しいです。  いつか放射線量が全て無くなったら。双葉町の復興をはじめて、大地震が起きる前のようなきれいな双葉町にもう一度暮らしたいです。大人になってからでもいいから、いつか双葉町でたくさんの人と住めたら嬉しいです。私は、疎開した他県でニュースを見ながら福島の事を応援しています。がんばろう福島。がんばろう双葉町、またみんなと住める日まで。

「また会おうね!」何度も何度も約束しました。

中学1年 男子 Dwunastoletni chlopiec

 ボクが望む良い双葉町像は、農業、稲作が盛んで、多くの人が笑って過ごせる町。 今回の災害や原発事故などで、双葉からは笑いどころか、人がいなくなった。放射線物質などの人に害を与えるものが飛散したからだ。埼玉に行っても、いつも笑いが絶えない人々から笑いが消え、代わりに不安や家を流され絶望の中で、泣いている人もいた。

しかし、東北人は強かった。「こんなことにくじけられない!」「がんばろう!」多くの励ましの声を多くの人からいただいた。

 ガレキの処理や道路の整備、どんどん東北は、直っていくのだが、双葉町だけは違った。まだ止まらない放射性物質、土の中にしみこんだ放射性セシウム。まだまだ問題ばかりで、双葉町に帰れるのは、60年、120年先と言う話にもなっているのである。しかしこんな訃報を聞いても、もう今の東北人、双葉町民は、事故の内容を受け止め、また新しい「一歩!」踏みはじめたのである。加須での新しい生活、そして、『毎日笑顔の絶えない』ボクが望んだ双葉町民の生活を始めてくれた。

 ボクはこんなユーモアで心強い双葉町民の皆さんと、また双葉に帰りたい。

Futaba w Fukushimie slynela z rolnictwa oraz pol ryzowych. Ludzie z Fataby zawsze byli usmiechnieci oraz pelni energii, niestety po trzesieniu ziemi oraz problemie z radioaktywnoscia miasto opustoszalo, ludzie nie maja nadzieji na lepsza przyszlosc, smutek gosci na ich twarzach. Wiele ludzi przenioslo sie do Saitamy nie mogac wrocic do swoich domow, ktore zostaly zniszczone podczas trzesienia ziemi.

Ludzie stracili nadzieje, lecz powoli ja odzyskuja poniewaz mieszkancy Futaby nigdy sie nie poddaja, ja rowniez. Drogi na terenie Tohoku sa naprawiane, smieci wywozone, niestety jescze na terenie Futaby nie ma wiekszych zmian wszystko stoi w miejscu. Slyszalem, iz bedzie mozliwe zamieszkanie w naszym miescie za 60 lub 100 lat, jednak mam nadzieje, ze tak sie nie stanie, poniewaz mamy duzo wsparcia od innych ludzi.

写真提供:双葉中学 堀本晋一郎氏

御参照下さい ラファウ・ブレハッチ:ナククオからの祈り 2011/6/30

(問合せ)記録 事務局:影山 e-mail: mieko@orange.ne.jp

Homeヘ戻る BACK TO POLJA