ブレハッチを訪ねて:ローマ`10/2

Z okazji dwusetnej rozcznicy utrodzin Fryderyka Chopina, Rafal Blechacz jest bardzo zajety, konceruje na calym swiecie. Pianista dal koncert w Rzymie, gdzie spotkal sie z ogromnym uznaniem oraz sympatia sluchaczy.

宿泊先のローマで(ホテルロビー内)Zdjecie zostalo wykonane w hotelu - Rzym.

 「ショパン生誕200周年」ブレハッチは各国から招聘され演奏旅行の忙しい年が始まった。ローマ・サンタシリアでも1/31から3日間演奏した。(指揮アンドレイボレイコウとピアノコンチェルト2番)連日3000席近い会場は満席、見渡す限りブレハッチの音楽を愛し共鳴する満面の笑顔で溢れ、そして雷鳴の拍手、歓声はいつまでも響き渡り、ブレハッチはアンコール2回披露、止まない喝采に何度もステージに登場し、くり返し深々と頭を下げていた。その穏やかな顔は達成した喜びと聴衆とぴったり合うコミニュケーションの歓喜に満ちていた。

 ショパンは20歳でポーランドを離れました。「パリでは家族と祖国のない『亡命者』であることに変わらない」とショパンは思っていた。「サロンでいくら社交的であっても、心の底は違う。ポーランド人だけに心を開いていた。」とも語られていた。絶えず望郷の念にかられ、演奏会も好きになれず、ショパンは幸せだったのだろうか?

 ブレハッチは20歳でショパンコンクール制覇後、世界各地への演奏の旅が始まりました。ブレハッチは演奏会が大好きだという。それは『聴衆と音楽の美を分かち合うこと』だと。そして彼には父親が陰のように同行しています。演奏後のマスコミからのインタビューが始まると、いつの間にか姿を消してしまう父親ですが、演奏は必ず聴いています。時々ステージのそでから、時々客席から。しかも、彼こそがブレハッチの熱狂的な第1のファンです。演奏が終わると思いっきりの拍手をおくる、それは親としてではなく、「一人の聴衆者から一人の演奏者への拍手」。そして楽屋で1番幸せで興奮しているのは父親です。最も身近かでずうっと見守っている父親を最も幸せな気持ちにさせるとは、素晴らしい息子です。

父親がこんな思い出を話してくれました。

 ブレハッチは7歳から音楽学校へ通うことになりました。車で片道30分の道のりを父親が送迎し、レッスン中は教室の隅で待っていました。小学生のブレハッチにも、練習する気持ちが湧かない時があります。そんな時は、『お父さん、僕の隣に座って、演奏を聴いてくれますか?』とお願いするそうだ。すると父親はそばで黙っていつまでも聴いたそうだ。子供のブレハッチは気持ちが豊かになり練習に没頭できた。そしていつも、「お父さん、ありがとう。お父さんのお陰です。」と言った。

おそらくこの時から、ブレハッチにとって父親は一番信頼できるパートナーであり、心の支えになる。そして父親はこのことを深く理解していた。

いま、二人が『演奏の旅人』になった理由がわかる。 (完)

Ojciec Rafala Blechacza od poczatku edukacji muzycznej syna zawsze go wspieral oraz pomagal. Pan Krzysztol jest zawsze obecny na koncertach mlodego pianisty. Rafal uwaza ojca za swojego najlepszego przyjaciela poniewaz jest zawsze przy nim oraz wspiera go. Pan Krzysztof po kazdym koncercie nagradza Rafala gromkimi brawami, jest jego najlepszym fanem. Mlody pianista jest wdzieczny ojcu za to, iz zawsze jest przy nim. Rodzice Rafala sa dumni ze swojego syna, poniewaz jest nie tylko wspanialym pianista, ale rowniez wspanialym dzieckiem, co sprawia im wiele radosci. (w dzisiejszych czasach to bardzo cenne oraz niespotykane, iz dzieci maja tak bliskie i dobre relacje z rodzicami)

演奏後、『ブラボー』を伝えに楽屋に訪れたマスメデアを知ると、さっと姿を隠そうとする父(中央後)。

ホテルのレストランで夕食に川魚の料理、そしてデザートにテラミスを注文しましたが、残念ながら品切れで、チョコレートシフォンケーキ。でも、嬉しそう!

(ファンの皆さん、カフェラテどうですか?)

 ブレハッチは、バチカンに埋葬されている故ローマ法皇ポーランド人・ヨハネパウロ2世のお墓を訪れてた。パウロ2世の前でお祈りする人たち、そして静かに涙するポーランド人にも会う。いつしか自然に涙が流れる。信仰を原点とするブレハッチにとって、特別な感情の場所です。

偶然、現・法皇が祈る絵葉書を見つけました。

( a post card)静寂と神聖が広がり、胸の奥底に冷たい雫が落ちる音が聞こえたような気がしました。故ローマ法皇ヨハネパウロ2世のお墓

バチカン広場、クリスマス飾りがまだされていました。2/1ローマは晴天。

日本の演奏は10月、日本のファンの皆さんに会えること、そしてファンの皆さんが彼の演奏を満喫してくれるのを、ブレハッチは楽しみにしている!

ブレハッチコンサート日程

10月3日(日)ピアノ協奏曲 指揮:大伴直人 管弦楽:大阪センチュリー交響楽団大阪ザ・シンフォニーホール 06 6453 6000

10月6日(水)ピアノ協奏曲 指揮:大伴直人 管弦楽:東京交響楽団東京サントリーホール ジャンパンアーツ 03 5237 7711

10月9日(土)ピアノリサイタル 愛知県芸術劇場コンサートホール 052 957 3333

10月11日(月 祝)ピアノリサイタル 横浜フィリアホール

10月17日(日)ピアノリサイタル 大阪ザ・シンフォニーホール06 6453 6000

10月19日(火)ピアノリサイタル 東京オペラシテイコンサートホール

10月21日(木)ピアノリサイタル アクロス福岡 092 725 9112

10月23日(土)ピアノリサイタル みなとみらいホール 045 453 5080

     13:00〜オール・ショパン・プログラム

     バラードNo.1,No.2  スケルツォNo.1

     ワルツ作品34,マズルカ作品41

★番 外

2月22日はショパンの誕生日とされている。この日はショパン生誕記念イベントのスタート、初日にブレハッチがワルシャワフィルハーモニーで演奏する。昨年10月発売のチケットは、すぐに完売!。チケットが手に入らないワルシャワ・ブレハッチファンや日本人留学生は残念がっていた。

ワルシャワの街のあちらこちらで見られたポスター。トップにブレハッチの名前がある。

ショパン聖十字架教会から旧市街まで、大理石でできたショパンのベンチがあり、隅のボタンを押すと、ショパンのそれぞれのピアノ曲が流れる。市を挙げて、ショパン生誕を祝っている。

 以前、パリの演奏会に、映画「戦場のピアニスト」の監督ロマン・ポランスキ(ポーランド人)が楽屋に訪れ、演奏の素晴らしさを絶賛されたことがありました。その後、監督がプロデユースする香水のテレビコマーシャルに、ブレハッチのピアノ演奏が挿入されます。残念ながら放映はフランスのみですが。香水の名前は『Greed』by Francesco Vezzoli 流れる曲名はプレリュード1番、6番。

左から、ブレハッチ父、事務局、そしてブレハッチ

今までの「ラファウ・ブレハッチを訪ねて」シリーズも御覧下さい。

Prosze zajrzec na strone.

ブレハッチを訪ねて トルンの街 09/8

★{ブレハッチを訪ねる旅}写真展報告09/2

ブレハッチを訪ねて『プラハ〜ナクウォ』:ファン旅行記 08.6

★『ブレハッチを訪ねて-11:プラハ〜ナクウォの旅』2008,6/2-9

2008/2月 ブレハッチを訪ねて:11 ミラノコンサート

2007/3月 ブレハッチを訪ねての旅-1 ミュンヘン〜ナクウォ記事掲載その1(月刊ショパン、ムジカノーヴァ)/   記事掲載その2(ピアノスタイル)

RAFAL BLECHACZ ブレハッチを訪ねてビドゴシチ:9(07/9)Ukonczona Akademia

ブレハッチを訪ねて8:名古屋公演プログラム 5.31.2007 Program koncertu w Nagoi

ブレハッチを訪ねて7/ドイツ〜ナックオの旅 04/2007 Podroz do Nakla

☆ブレハッチファンクラブ親睦会報告 11/2006 Spotkanie fanklubu w ambasadzie

☆ブレハッチを訪ねて 6:来日記念インタヴュー(06/11) Wywiad przed przyjazdem do Japonii

☆ブレハッチを訪ねて 5:音楽祭inワルシャワ(06/10) Festiwal w Warszawie

ラファウ・ブレハッチを訪ねて.4 :「優勝後」6/6 Zwyciezca Konkursu Chopenowskiego

ブレハッチ近況.インタビュー6月10日付、06 Wywiad z okazji jego urodzin

☆ブレハッチメッセージ 06.7.16 Przeslanie Rafala

☆ブレハッチを訪ねて3.:ブレハッチファンクラブ代表片桐章利氏(2006/1/10)Pan Katagiri - prezes fanklubu
☆ラファウ・ブレハッチを訪ねて2.:優勝!(2005/11月 Zwyciestwo

☆ポーランドの新星ラファウ・ブレハッチを訪ねて1(.2004 /4) Nowa polska gwiazda

ブレハッチ ジャパン ファンクラブ事務局 :砂子祐子

連絡先:e-mail : ra_piano2005@yahoo.co.jp fax: 053 523 1297

(問合せ)記録 事務局:影山 e-mail: mieko@orange.ne.jp

Homeヘ戻る BACK TO POLJA