ピアノスタイル 2007.6月掲載  

文・写真:影山美恵子(ポーランド市民交流友の会)

ブレハッチを訪ねてる旅スペシャルリポート

『もしかしたら、日本人と僕の好みは同じかも?(笑)』と日本のファンから贈られたどのプレゼントも気に入り、趣味趣向がピッタリだと話したブレハッチ。それは事実だった。彼と私たたちの気持ちは同じだったし、私たちが何を求めていつかを知っていた。ミュンヘンでのコンサート後には、『日本から来てくれた友だち、ありがとう』と感謝の言葉。小さな田舎町ナックオの駅での出迎えてくれ、自宅でたくさんの曲を演奏してくれた。そして教会ではオルガン演奏までも披露。一人ひとりに握手し、それぞれの目を見てうなずく。彼は「日本の友だち」の気持ちをとてもよく分かってくれている。

 家族から心のこもったおもてなしを受け、「こんなに歓迎してくれて、本当にありがとう。」と伝えると、「こちらこそよく訪ねてくれました。ありがとう。また、来て下さい。」と、彼だけでなく、みなから感謝された。

旅の最後、英雄ブレハッチの日本人ファン20名来訪は大きなニュースとなり、ポーランドテレビ局が私たちを取材することに。

「あなたにとって、ブレハッチは?」と尋ねられると、ひとりのファンが答えた。『天使です。ナックオで天使に会いました。』---ポーランドの片隅に舞い降りた天使は、その天賦の才能と優れた人柄で極東のファンを慈しんでくれている。(終)

Back to Homeヘ戻る(ポーランド市民交流友の会 POLJA)