『ポーランド国際フェステイバルin Siedlce』

&『ワルシャワde日本ポーランド親善交流』

2005年5月19日〜5月21日

会場:シュドュルツェ(Siedlce)市/学校訪問と市民野外ステージ(3000人収容)

ポーランド・シュドウルツエ市(SIEDLCE市)で市制458年を記念する国際文化フェステイバルに、「ポーランド市民交流会」の呼びかけで『JAPAN DAYS』を開催。同時に、ワルシャワ市で学校訪問をし日本ポーランド親善交流の公演を開催。浜松市、岐阜市から、小学生児童7名、大人19名の合計26名が渡航し、ポーランドで日本文化・伝統芸能をワークショップと公演で紹介。市民参加の大イベントでした。

シュドュルツェ(Siedlce)市国際フェステイバル:クリックして御覧下さい。

japanday-2.html

浴衣の着付けと盆踊り(夏祭り再現)ワークショップ

書道ワークショップ(市民参加で大人も子供も大満足!)

日本国旗で歓迎(第11小学校)「コンニチハ!」と日本語の挨拶で迎えられた。

ホームステイをしながら、各学校訪問しワークショップと公演。

日本唱歌「笹の葉サラサラ」琴演奏、日本から持参の笹の葉に短冊で願いごと。ポの子供達も楽しく練習し、日本唱歌が歌えるようになりました。

圧巻!少女和太鼓KAIKO/500の演奏「ブラボー」の喝采。演奏後はサイン&握手攻め

「これが日本の文字!」テレビカメラも思わずうっとり〜!

手打ちそばワークショップ、日本の衣食住すべて体験します。ポの子供達の一生懸命に参加する姿に感動しました。

力の限り、こねます、練ります、頑張ります!

お箸も上手に使えます!うまれてはじめての美味しいお蕎麦。

日本の食生活(?)を垣間見る。。。

日本から浴衣を70着持参/提供者のみなさん御協力ありがとうございました。みんな浴衣が大好きでした。

ヤブロンスキ会長の『茶の湯』の解説に、真剣!

テレビ静岡・ロンドン支局が現地入り、一日密着取材、帰国後5/30にこの様子がテレビ放映されました。

ワルシャワ日本大使館付属ワルシャワ日本人学校の和太鼓をお借りし、生徒達と交流会をしました。ポーランド語の歌を披露していただきました。

http://www.foto.ap.siedlce.pl/japan1.html

写真がいっぱい!御覧下さい。

日本大使館へ表敬訪問。小野大使にポーランドの紹介をしていただいたり、暖かいおもてなしをいただきました。ワルシャワ日本大使館公邸で。

http://www.emb-japan.pl/taishi/kot050524.htm

最終日は、ワルシャワで「シベリア孤児」最後の生存者アントニア・リロさんに対面しました。

その詳細はを御覧下さい。

報告:事務局 影山美恵子

Homeヘ戻る