ショパン音楽大学春期ピアノセミナー

The Frederic Chopin Music University (9月より、ショパンアカデミー学院名称改め)

受講生/聴講生募集中

ショパンを愛する人のため/ショパンコンクールを目指す人のために、ショパンの母校で世界最高峰の技術と感性を学ぶ集中セミナー開催!!

ショパン国際ピアノコンクール審査員を含ショパンのエキスパートからショパンの神髄をきめ細かく指導!

(問合せ)影山 TEL: 053 522 0692. fax 053 523 1297. e-mail [春期セミナー」とタイトルを付けて送信下さい . mieko@orange.ne.jp

   

開催日程予定: 2009年1月28日〜2月9日(2/10早朝成田着)

会場 ポーランド国立ショパン音楽大学:9月よりショパンアカデミー学院改め(ポーランドワルシャワ市 )

      ポーランド国立ショパン音楽大学(9月よりショパンアカデミー学院改め)はポーランドでは最大規模の最も古い歴史と伝統のある国立音楽大学です。ショパンの母校で有名ですが、パデレフスキも卒業後教鞭執りました。日本では下田幸二さんはじめ高橋多佳子さん、河合優子さん、江崎昌子さんなど現在活躍中の著名ピアニストを輩出しています。

このセミナーは、2005年度開催の15回ショパン国際ピアノコンクール4位入賞の山本貴志さん(2002年夏、2003年春セミナー受講)、ファイナリスト根津理恵子さん(2000年夏受講)、2次予進出佐藤卓史さん(2005年春受講)、1次予進出峯麻衣子さん(2002年夏、2004年夏受講)、などの実力者を輩出しています。また、ショパン愛好家として参加され、新たな人生の輝きを発見された方、そして、セミナー受講後、たくさんの人たちが留学し、国内外で活躍しています。

●募集締切 2008年12月24日   レッスン受講生募集(20名)募集定員になり次第締め切ります。レッスン聴講のみ参加者若干名募集。

mieko@orange.ne.jp申込資料請求問合せ;事務局影山美恵子tel053 522 0692

●参加費用 

★個人レッスン受講参加者:398、000円 セミナー費用(個人レッスンおよびレッスン聴講、通訳、セレモニーなど)、宿泊費、航空運賃含 (ただし、オイル価格高騰の変動により航空運賃に伴う燃油サーチャージ(現在 52,600円は含まれておりません。別途請求させていただきます)。

★レッスン聴講のみ受講参加者:費用 36万円(レッスン聴講他セレモニー参加、航空運賃、宿泊費含む(ただし、オイル価格高騰変動のため航空運賃に伴う燃油サーチャージは別途請求させていただきます)

●セミナー概要 = 個人レッスン5回(各60分)日本語通訳付 個人練習室確保。全教授レッスン聴講 教授認定ポーランド国立ショパン音楽大学(9月よりショパンアカデミー学院改め)発行修了証授与 教授推薦優秀受講生による修了演奏会開催 オプショナルとして:ショパンツアー(ショパンゆかりの地:ショパン聖十字架協会、ショパン博物館、ショパンのアパートなど)ショパン生家への小旅行、コンサート鑑賞、アウシュビッツ・クラクフへの旅行。

募集対象:16歳以上のレッスンに熱心であるピアノ演奏者、ピアノ愛好者。

(参考過去セミナー報告、クリックして御覧下さい!)

ポーランド国立ショパン音楽大学:9月よりショパンアカデミー学院改め

2008ショパンアカデミー学院春期セミナー報告(2008/8)

2006春期ピアノセミナ報告(2006/7)

ショパンアカデミー学院2005春期セミナー報告(05,10)

ショパンアカデミー学院2004春期ピアノセミナー報告2004/6

ショパンアカデミー学院2003春期ピアノセミナー報告 2003/6

参考:ショパンアカデミー学院`03夏期ピアノセミナー報告(2003/12)

参考:2002ショパンアカデミー学院ピアノ夏期セミ報告(2002/9月)

予定されている教授陣

レギナ スメンジャンカ教授、 クラクフアカデミー学院でヘレンシュトンプカ教授に師事。第4回ショパン国際コンクール入賞後は世界各地へ演奏活動しポーランドを代表する国際ピアニストの地位を確立。現代音楽の紹介に貢献し「作曲家同盟者賞」授与。ポーランド文化芸術大臣賞、ショパンアカデミー学院でポーランド音楽大賞等授与され多大な功績が称えられている。歴代ショパンアカデミー学院学長、ショパン国際ピアノコンクール審査員チャイコスキ−コンクール審査員を務めており、国際的な音楽指導者として活躍している。

ピオトル パレツイニ教授  ショパンアカデミー学院でエキエル教授に師事。ショパンアカデミー学院教授。ショパンコンクール予備審査委員メンバー。ソフィア国際音楽コンクール第1位、ショパン国際ピアノコンクール第3位、あわせてポロネーズ特別賞獲得。ピアニストとしても世界に絶賛されている。ショパンコンクール副審査委員長。ショパンコンクールin アジア副審査員長。

カジミエシ ギエルジョド教授、 ショパンアカデミー学院でマルゲリ−タトロムビニ=カズロ教授に師事、卒業後シエナのキジア−ナアカデミー学院に留学。ポーランド新人演奏家フェステイバルで優勝後、コンサートピアニストとして世界各地でコンサート活動を展開。歴代ショパンアカデミー学院学長、ショパン協会歴代会長、2000年ショパン国際ピアノコンクール審査員 1988年より相愛大学音学部客員教授。ショパン音楽大学教授。ショパンコンクールinアジアの審査員。ショパンコンクール予備審査委員メンバー。

ブロニスワヴァ・カヴァラ教授:ショパンアカデミー学院教授、ショパン国際コンクール予備審査員メンバー。1975年ワシントンD.C.のバッハ国際コンクールで優勝後、リサイタルやオーケストラのソリストとしても活躍、ヨーロッパ、中国、カナダ、アメリカなど世界各地で演奏。また世界の音楽祭からも招待され、演奏家としても有名。また多くの国内、国際コンクール審査員としても活躍し、その芸術的且つ教育的功績に対しポーランド国家賞を授与されている。ショパンコンクールinアジアの審査員。ショパンコンクール予備審査委員メンバー。

 .マリアシュライヴェル教授  ショパン音楽大学教授、スメンジャンカ教授の退任後の前ショパンアカデミー学院ピアノ学科学部長、現在ピアノ指導の司令塔として活躍中。ベルリンEUROPEAN PIANO FOURUMの参加、演奏家としてもヨーロッパ各地でリサイタル、日本にも来日し演奏家としても活躍中。国際ピアノコンクール審査員の会員でもある。ショパンコンクール予備審査委員メンバー

イェジェイ・ロマニウク教授:ショパン音楽大学教授。ショパンコンクール予備審査委員メンバー。ショパンアカデミー学院卒業と同時に、ワルシャワ交響楽団と演奏家としてデビュー。その後、モスクワでザック教授とエリソ教授の指導でモスクワConservatoryで研鑽を磨きながら、ヨーロッパ各地で演奏活動をする。帰国後ショパンアカデミー学院で教鞭を執り、若き指導者として、ピアニストのためにマスターコースを海外でも開催。指導者として高く評価されポーランドから勲章を授与している。演奏家としても活躍している。ショパンコンクール予備審査委員メンバー。

ほか、ショパン音楽大学教授

セミナーの概要

1、レッスンは全て担当教授による個人レッスン。レッスンには必ず日本語通訳者(ピアノ演奏者、もしくは教授門下生)がつきます。レッスン回数は、1回60分の個人レッスンを5回。

講習課題曲は特に設けておりませんから各自希望する曲を選べます。あらかじめ受講希望曲を準備しアンケート用紙に英文若しくは原語記入で提出下さい(遅くとも出発4週間前までに)。練習室は、各個室を2人または3人で使用します。8:00〜20:00迄自由に練習出来ます。

2、レッスン受講生の修了コンサート:ポーランド国立ショパン音楽大学(9月よりショパンアカデミー学院改め)コンサートホールで担当教授の推薦の優秀受講生による修了コンサート予定!修了コンサートは全員が演奏できません。レッスン受講生全員にはアカデミー学院発行認定『修了証書』が授与されます。

3、ポーランド国立ショパン音楽大学(9月よりショパンアカデミー学院改め)学生寮ジェカンカに宿泊

2人同室で使用(個室希望者は別途追加要)。各部屋にはシャワー、トイレ、冷蔵庫付。共同のキッチンがあり受講生のサロンとして利用されています。おそらくイメージされている日本の学生寮とは違います。調理器具が全て揃っており、朝食はもとより自炊ができるようになっております。ジェカンカはワルシャワ旧市街に歩いて3分。大統領官邸に隣接し、5星ホテルブリストル、ビクトリア、エイロペイスキーが、カフェ、各種レストラン、ファーストフードなどが立ち並んでいます。

3、滞在中の生活  日本から事務局の影山が同行し、全期間中駐在しセミナーが有意義なものになるようにポーランド国立ショパン音楽大学(9月よりショパンアカデミー学院改め)事務局と協力し便宜を図ります。

滞在中は音楽シーズンの真最中。ショパンコンクール会場のワルシャワフィルハーモニーホールでのコンサート鑑賞、その他のコンサート鑑賞など、またショパン生家への小旅行、ショパン博物館、ショパン聖十字架教会などのショパンゆかりの地訪問、またクラクフ旅行をオプショナルで御案内する予定です。

オプショナルはポーランド国立ショパン音楽大学(9月よりショパンアカデミー学院改め)の通訳ガイドが影山に代わり同行します。

ポーランド国立ショパン音楽大学:(9月よりショパンアカデミー学院を改め)への留学を目指す方のための懇談、留学窓口として御相談お受けします。留学を思考されている方は、前もってお知らせ下さい。

このセミナーの受講生はショパン国際コンクールを目指すレベルの受講生から、ショパンが好きでポーランドのピアノセミナーを受けたいピアノ愛好家まで、幅広い範囲で参加されます。プロ演奏家を目指す方はその目的で、愛好家として臨む方はその目的で、「ポーランド市民交流友の会」は多くのみなさんにポーランドを紹介するためにこのセミナーを開催しています。

   2004年春期ピアノセミナー受講生/ショパン聖十字架教会前で

私達一同、心を込めて、ショパンの神髄を探る感動のセミナーを皆さんにお届けすることをお約束致します。御連絡をお待ちしております。

受講申込、要項請求、お問い合わせ ポーランド市民交流友の会 事務局 影山美恵子  tel:053 522 0692 / Fax: 053 523 1297

 『春期セミナー』と件名を入れて送信下さい。e-mail: mieko@orange.ne.jp
  http://polja.hypermart.net/

主催:ポーランド市民交流友の会、ショパン音楽大学(ショパンアカデミー学院名称改め)    

後援:駐日ポーランド共和国大使館  日本ショパン協会 (株)ショパン 全日本ピアノ指導者協会(ピテイナ) 

Homeヘ戻る