2005ショパンアカデミー学院春期ピアノセミナー報告

3月21日〜4月3日ポーランドワルシャワ市のショパンアカデミー学院(国立ワルシャワ音楽大学ともよばれています)で日本人のための集中ピアノセミナーが開催されました。全国から、高校生、音大生、ピアノ講師、ショパン愛好家が『ショパンの神髄』を学びに参加しました。10月にはショパン国際ピアノコンクールが開催されることもあり、今回もコンクールエントリー者も受講していました。

今回で9回目の春期ピアノセミナー、毎回素晴らしい出会いと、優秀は演奏家を輩出しています。今年は、セミナー期間中、ローマー法皇の死という、歴史に残る日に立ち会うことができ共に法皇の死を悲しみ、御冥福を祈りました。滞在先が、かつて法皇が訪れた教会に隣接しており、大勢の若者が教会に集まり、キャンドルを手に涙を流し祈る姿に胸うたれました。私達受講生一同は、この日にワルシャワに滞在でき幸せでした。

主催:ポーランド市民交流友の会、ショパンアカデミー学院    後援:駐日ポーランド共和国大使館  在ポーランド日本国大使館 日本ショパン協会 (株)ショパン 全日本ピアノ指導者協会

担当教授:レギナ・スメンジャンカ教授、カジミエシュ・ギエルジョド教授、テレサ・マナステルスカ教授、アリツア・ブガイ教授

ギエルジョド教授レッスン風景(通訳・熊谷久美子さん)

会場:ショパンアカデミー学院(ポーランドワルシャワ、ショパンの母校、ポーランドでは最大規模の伝統と歴史のある国立音楽大学)

大統領官邸前で、毎日兵隊の儀式がみられた。

宿泊したアカデミー学院学生寮ジェイカンカ(右後ろ)の前で

寮内、掲示版前(左後ろ)に集合して、どこへ行くにも仲良くいつも一緒!

ブガイ教授のレッスン風景(通訳・伊藤ゆりこさん)

修了コンサート後、スメンジャンカ教授、通訳.平澤真希さん

修了パーテイで、お別れの言葉を伝えるマナステルスカ教授(通訳・館愛子さん)

2006年春期ピアノセミナーは1月27日〜2月9日に開催されます。

受講生、聴講生を募集しております。

http://polja.hypermart.net/2003-1/2005springsemi.html

問合せ)影山 TEL: 053 522 0692/ e-mail: mieko@orange.ne.jp

記録:事務局 影山美恵子  Homeヘ戻る